その他工場のご案内

安心をお届けしたいから、衛生・品質を徹底管理

本格派の味わいをたくさんのお客様にご賞味いただくために、常に一番よい状態の麺をご提供する。 それには徹底した品質管理が要求されます。そのために石丸では、改良を重ねた生産ラインを工場内につくり上げています。 独自に開発した設備によって生み出される麺は一日当たり十九万食。多くのご家庭で楽しんでいただく麺。 細かな品質チェックにも厳しい目が光ります。こうしてできあがった麺が、たくさんのお客様のお手元に届いている。 そう思いながらスタッフ全員が、毎日ここで働いています。





乾麺工場
工 場:第1工場 生産能力(8時間当り):12トン 2F/製造室・包装室・他:1,399m2
総面積:4,276m2 3F/乾燥室・乾燥機械室:1,406m2 1F/自動パレット積み・倉庫:1,471m2

01:小麦粉サイロ
タンクローリー車で直接サイロへ運ばれた小麦粉は、自動ブレンドされ各工場へ空気輸送されます。
02:小麦粉定量供給装置ミキサー
小麦粉と温度調整した食塩水を、瞬時にムラなく混合します。

03:本練りミキサー
太物、細物それぞれ分けて専用のミキサーで、充分に練り上げていきます。
04:複合・綾織り
生地を麺帯(麺の形状に裁断しやすい板状)にし、多方向へ延ばします。
05:熟成・製麺
多段式熟成コンベアで長時間熟成した麺を900mm幅の大型製麺機で製麺します。
06:乾燥 + 07:自動裁断
06: 自動制御方式の最新式完全空調により、自然乾燥に近い方式にて移行乾燥します。07:規定の寸法に自動裁断し、コンテナに入れ、自動で5段積みします。
08:計量・結束・包装
麺を自動的に計量・結束し、包装します。検品後、自動で箱詰・封函、製品化され、1階の倉庫へコンベアで輸送します。
09:パレット積み・出荷
自動パレット積装置を使い、同時に4種類の商品を判別。パレット積みされた商品が出荷され、店頭に並びます。
試食・おみやげ
おみやげ

試食・おみやげのポイント!

本場の讃岐うどんをお土産にプレゼント!

ウェブマガジン旅色に紹介されました

pagetop